Q.水性ペンキを塗装したブロック塀に、今回あらためてセンプラムを塗装したいと思っています。水性ペンキの上に下地剤、センプラムと塗り進めたらよいでしょうか? また、梅雨の時期の施工は良くないでしょうか?

A. 水性ペンキの上からセンプラムを塗布されますと、下地が水分を吸収し難くなる為、剥がれが起こる可能性がございます。 下地のペンキを落としていただき、その後に吸水調整剤を塗布→センプラムと施工していただく事をお勧め致します。 また、梅雨の時期の施工は問題ございませんが、白華現象(施工面が白くなる現象)を避ける為、雨天時の施工は避けていただき、施工後24時間以内は水に濡らさず(※夜露でも白華現象は発生します)、丸一日はビニールシートで覆って養生を行っていただければ、美しく仕上げる事が可能でございます。

お客様のご質問は解決しましたか?